インタラクティブ部門
応募要項

  1. 3Dインタラクティブコンテンツの表現の可能性を追求するすべての方を対象とした作品アワードです。 テーマ「The Future of Making Things」―創造の未来― ゲーム、ウェブコンテンツ、アプリ、インスタレーション、VR、ARなどの新しいインタラクティブ コンテンツのアイデアや表現を募集します。もしくは全く今まで見なかったような独創的なものでもかまいません。オートデスクが提供するソフトウェア、ゲームエンジンなどの製品機能をフル活用して、斬新な発想に富んだ3Dインタラクティブコンテンツ作品を募集します。 各業界のプロフェッショナルから、学生の皆さんまで、たくさんの力作をお待ちしています。
  2. 応募作品のデータ作成/制作に際して使用を推奨するソフトウェアやエンジンは下記の通りです。
    Autodesk 3ds Max、Autodesk Maya、Autodesk Stingray、Autodesk Remake、Autodesk Recap、Autodesk Mudbox、Autodesk AutoCAD、 Autodesk Inventor、Autodesk Revit、Unity、Unreal
  3. 審査は以下の点を基準に、当社が選定した審査員が行います。
    (ア) 動画で表現され、コンセプトシートに記載された内容にて、3Dインタラクティブコンテンツの独創性、アイデアを審査します。
    (イ) 上記のオートデスクソフトウェアで制作されたコンテンツを推奨します。
  4. 現在当社ソフトをお持ちでない場合は体験版を使用してください。学生や教員の方は無料でご利用いただけますのでEducation Community サイト(http://www.autodesk.co.jp/education/home) からダウンロードして使用してください。
  5. 応募に際して以下の 2 点を提出してください。
    (ア) 指定のコンセプトシート
    *コンセプトシートは、A4サイズ5枚以内、質問に対する回答と自由記述、10MB以下のPDFファイルであること。
    *作品の特長を表した動画をYouTubeサイトに限定公開でアップロードし、そのURLをコンセプトシートに記述すること。
    • ムービーサイズ: 720P~1080P
    • ムービーの長さ: 30秒~3分以内
  6. 応募される作品は、著作権や肖像権等を侵害していないものに限ります。応募後や入選後にこれらの問題が発生した場合は、オートデスクはいかなる責任も負いません。
  7. 応募作品は今後のオートデスクのマーケティング活動に使用する場合があります。
スケジュール 7月12日  応募開始  
※各部門の募集要項をご確認の上、各アワードの「エントリー」より必要事項をご記入のうえご提出ください。
9月30日  応募締切 
※受賞の結果は10月上旬にメールにてお知らせします。1週間以内に連絡が取れない場合は失格となります。
10月下旬  受賞者発表(詳細は後日決定)
応募資格 企業、団体あるいは個人やグループ、年齢、性別、職業、国籍は問いません。
応募条件
  • テーマに添ったアイデアであること。
  • 作品を説明したコンセプトシートは、A4サイズ5枚以内、質問に対する回答と自由記述、10MB以下のPDFファイルであること。
  • 応募の際、作品の特長を表した動画をYoutubeサイトに限定公開でアップロードし、そのURLをコンセプトシートに記述すること。
  • 本アワードにエントリーしていただいた時点で応募条件に同意していただいたものとします。
  • 賞、特典は他の方への譲渡や換金はできません。
  • 諸事情により本アワードを延期または中止する場合があります。
WEBエントリーページURL https://autodesk-cda.jp/form/interactive-2016.html
権利規定 作品の著作権は応募者に帰属し、入賞作品はWebサイトなどで公表されることが前提となります。また、 入賞作品は今後のオートデスクの マーケティング活動に使用する場合があります。応募にあたっては、必要に応じて応募者自身で権利保護等の措置を講じてください。 応募作品が、既発表のデザインと同一または酷似している場合、または第三者の知的財産権の侵害となる場合 (応募後に侵害となった場合を含む)は受賞結果発表後であっても受賞を取り消す場合があります。
個人情報について 応募者の方からご提供いただく個人情報は、運営会社TOKYO DESIGN WEEK株式会社の「個人情報保護方針」と、オートデスクの 「個人情報保護方針」に基づき管理いたします。 応募者の方の個人情報は、 本アワードの運営管理の目的のみに使用いたします。