審査員 藤本 壮介

image_kano.jpg
藤本 壮介
建築家
東京大学工学部建築学科卒業。
2000年藤本壮介建築設計事務所を設立。
2014年フランス・モンペリエ国際設計競技最優秀賞受賞。
2013年ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー・パビリオンを設計。
主な作品は、House N(2008年)、武蔵野美術大学図書館(2010年)、House NA(2011年)他。



審査員インタビュー


―クリエイティブ業界に入ったきっかけは何ですか?

物心ついたときからものを作るのが好きだったので、そのままなんとなく自然に。


―未来の世の中を良くするアイデアは、いつどのように生まれると考えますか。

今現在も世界中で生まれ続けていると思います。


―ものづくりの最大の魅力は何ですか。

新しいものを作るワクワクする感じ。



―今回のアワードにおいてどういう作品を期待しますか。

世界が驚くようなものを期待します。



―クリエイターとしての心得を教えてください。

よく寝てよく働くこと。



―今後どのようなチャレンジをしていきたいと考えていますか。

あらゆるチャレンジをしていきたいと思います。



―最後に応募者にメッセージをお願いします。

素晴らしい作品を期待しています。